読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育ての本をたくさん読む!ブログ

子育てに関する本を読んで、そのメモを記録していきます。 1才&4才のママ。朝3時起きで朝活してます。詳細プロフィールはサイドバーを見てください♪

「幸福感であふれた家」を作る方法。そんな家で育った子どもは素直になる。

幼児教育/早期教育/脳育/知育

このブログでは、子育てに関する本をたくさん読んで、私が気になった子育て情報をメモしていきます。毎日、お昼12時に更新。
★お知らせ:インテリアや収納の本を読むブログも始めました!インテリア・収納の本をたくさん読む!ブログ

【今日からすぐできること】

「幸福感であふれた家」で育った子は、素直になる。「幸福感であふれた家」にする方法とは...

① 親がしたいことを子どもと一緒に楽しむ
② 子どもがいてくれたことに感謝する
③ 子ども一人ひとりのよさをちゃんと見てあげて、「この子は天才だ!」と家族で楽しむ


以下、詳細。


親がしたいことを子どもと楽しみ、子どもがいてくれたことに感謝する。そこに家族の「幸福感」が生まれます。この幸福感こそが、子どもを素直にさせる空気なのです。
 幸福感から生まれた素直さがあれば、中学生や高校生になったときに、「○○大学を受験してみたら?」「留学するのもいいかもね」という親の提案を素直に受け止めるようになります。親への信頼感は、多くの場合大人への信頼感につながっているので、教師のアドバイスも素直に聞ける子になります。
(中略)
 よく「子育てに失敗した」という人がいますが、子育てに失敗なんてありません。失敗したのは「幸福感づくり」です。
(中略)
この時期に「○○ちゃんに比べたら、この子は大したことないわね」なんて思うから、子育てに幸福感がなくなるんです。個人差が大きい時期なので、比較しようと思えばいくらでも比較できますよ。でもしない。子どもには一人ひとりのよさがあります。それをちゃんと見てあげて、「この子は天才だ」「それを伸ばすためには外遊びだ!」と家族で楽しめば、子育ては本当に楽しいし、子どもも素直に育ちます。

育脳Comoキッズ ―3~6才は育脳黄金期!入学前に絶対しておきたい5つのこと (主婦の友生活シリーズ)より引用


素直な子に育てる方法は、↓の記事にもありました。sclo-a.hatenablog.com


今日の記事で知ったのは、「幸福感であふれた家で育った子は、素直になる」ということ。


誰だって、「幸福感であふれた家」にしたいですよね。じゃあ、どうやったら「幸福感であふれた家」になるの?


その答えは...

  • 親がしたいことを子どもと一緒に楽しむこと
  • 子どもがいてくれたことに感謝すること
  • 子ども一人ひとりのよさをちゃんと見てあげて、「この子は天才だ!」と家族で楽しむこと


この3つを心に留めて、毎日を過ごせば、幸福感であふれた家になる。そして、そんな家で育った子どもは、素直に育ち、思春期になっても親や教師の言葉を素直に受け止め、色んなことに気軽にチャレンジするようになる、ということです。


確かに、幸せな家庭というものを想像してみると、


親と子どもが一緒になって、何かに夢中になって楽しんでいたり...


親が子どもに対して「本当にあなたが生まれてくれて良かった!」と心から思って笑顔になっていたり...


子どもが何かをしている時に、お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん皆が「お〜!この子は天才だ!将来大物になるぞ〜!」なんて言いながら皆で笑っていたり...


といったシーンが思い浮かびます。


憧れるな〜...そんな家庭。我が家もそんな家庭を目指そう!


明日も本から気になる子育て情報をメモしていきます。


クリックしていただけると、更新の励みになります!
 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ

過去に読んだ本のまとめ記事

sclo-a.hatenablog.com