読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育ての本をたくさん読む!ブログ

子育てに関する本を読んで、そのメモを記録していきます。 1才&4才のママ。朝3時起きで朝活してます。詳細プロフィールはサイドバーを見てください♪

「発音が身につきやすいのは9歳前後まで」と多くの研究で実証されている。

↓この本を読んでいます。昨日の続き。

昨日の記事:
子供の将来の夢を「世界を舞台に」叶えてほしい!それには英語が必須。 - 子育ての本をたくさん読む!ブログ


ネイティブ並みの発音を身につけるには、早ければ早いほどいいのだろうと思ってはいるのだけれど、まだ何もしていない我が家。ちなみに3歳と6歳の姉妹です。「子供の早期英語教育は何歳までにスタートすべき?」といつも疑問に思っていました。


その答えが本の中にありました。応用言語学(バイリンガリズム)と外国語教育を専門とする、上智大学言語教育研究センター教授・藤田保さんのインタビューです。


藤田さんは年齢による英語習得の仕方の違いをこう説明する。
発音が身につきやすいのは9歳前後までという臨界期説は、多くの研究で実証されています。実際、英語のフレーズをまるごと受け止められるのはこの年齢まで。それ以降は、一語ずつ分析して考えながら学ぶようになる。

プレジデントFamily こども英語大百科 2016完全保存版 (プレジデントムック)より引用


"発音が身につきやすいのは9歳前後まで"!


私は今必死に英語を勉強しているのですが、発音はやはり難しく、「英語は伝わればいいんだから!発音は二の次!」と自分に言い聞かせています。


でも、できることならネイティブ並みの発音を習得したい!それを9歳までの子供なら難なく身につけることができる?


子供と一緒に発音の勉強をしてみたくなりました!