読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子育ての本をたくさん読む!ブログ

子育てに関する本を読んで、そのメモを記録していきます。 1才&4才のママ。朝3時起きで朝活してます。詳細プロフィールはサイドバーを見てください♪

子どもの脳を育てるために、0〜3才でしておかなければいけないこと

読者登録やスター、本当にありがとうございます!
一緒に子育て本を読んでくれるママ友ができた気分になって、記事を書くのが楽しくなりました(*^0^*)
(パパさんにも読んでほしいな〜^^)
それでは今日も、雑誌の中で見つけた、気になる子育て情報をメモしていきます。

【今日からすぐできること】

0〜3才の脳には「刺激を与えること」が非常に大切。「刺激を与える」最適な方法とは...

【1】声をかけてあげる
【2】いろいろなものを見せてあげる
【3】笑いかける


以下、詳細。


 ボクの思う理想の子育ては「親がなるべく手を抜き、かつ最大の効果が得られる」こと。
(中略)
脳には刺激を与えるのに最適な「臨界期」というのがあるから、どうでもいい時期にどうでもいい学習をさせても効果がない。すなわち、脳に最適とされる時期に必要な刺激を与えるのが、究極にラクな子育て法、ということになります。
 では0〜3才ごろに、どういう刺激を与えればいいのか?もともと人間の脳の神経細胞=ニューロンは生まれたときがいちばん多く、成長とともに刺激を受けて大きくなって他のニューロンとつながり、シナプスを形成します。このシナプスを形成するときに刺激を与えることが非常に大切で、そのころのお母さんは「声をかけてあげる」「いろいろなものを見せてあげる」「笑いかける」、この3つを心がけてほしいですね。
 もし全く刺激がなければ、それに対応するシナプスは消えていくので、いちばんやってはいけないのが、刺激を与えないことになります。

育脳Baby-mo 0~3才の可能性を引き出す7つのこと (主婦の友生活シリーズ)より引用


これを語っているのは、テレビ番組「ホンマでっか!?TV」レギュラー出演中の池田清彦先生。
f:id:sclo-a:20150227064932j:plain
画像は池田清彦 (@IkedaKiyohiko) | Twitterよりお借りしました。


ニューロンシナプスについては、前に勉強したことがあります↓
勉強で最も重要な「反復訓練」の手順。これ無しに熟練者になることはあり得ない。 - 僭越ながら


大きくなって勉強するときにも重要になってくる、脳の神経細胞。


0〜3才の時期に「与えるべき刺激」というものがあったんですね。
知りませんでした。


その「与えるべき刺激」というのが...
声をかけてあげる・いろいろなものを見せてあげる・笑いかける。


週末は子ども達を動物園に連れて行ってあげようかな〜と思いました(^0^)
「ほら、キリンさんがいるよ〜」と笑いかけよう!


明日もこの本から気になる子育て情報をメモしていきます。


クリックしていただけると、更新の励みになります!
 にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ